ハワイ島バンチャーター(貸切り)ツアー

バン・チャーター(貸切り)ツアーだったら自分達の行きたい所へ、自分達のペースで行ける!



既製ツアーではなく貴方だけのオリジナル・プランを立ててみてはいかがでしょう?!チャーターツアーだったら自分達が行きたい所へ、自分達のペースで行ける。既製のツアーでは見て行かないハワイ島のお薦めスポットも巡れる。 そんな気ままなチャーターツアーのプラン立てもハワイ島を知りつくした私共が喜んでアドバイスいたします。 料金的にも頭割りすれば割安で家族ツアーやグループツアーには最適!!

サンプル・プラン

ツアー名 半日チャーター(4時間)プラン
ハワイ島コナと言えばコナ・コーヒー。コーヒー園やカイルア・コナの街を散策。昼食もコナのレストランで。お薦めは観光農園として整備していてお花やフルーツが楽しめるドトールコーヒ園とロコに人気のビッグ・アイランド・グリル・レストラン。ショッピングで日常品の量販店・ウォールマートやターゲットも外し難い。半日のお手軽ツアー。
ツアー名 1日チャーター(10時間)プラン
ハワイ島をグルッと一周。ビッグアイランドのニックネームを持つハワイ島はそれだけで400キロは軽く走っちゃう。でもこの島の観光のハイライト、キラウエア火山に行くにはしょうがない。でもその途中、黒砂海岸やヒロのビッグアイランドキャンディーズにも寄れるし。いろいろと寄り道しながら。コーヒー・アウトレットに立ち寄って、美味しい100%コナ・コーヒーもゲット!

詳細/料金

詳細 チャーターに含まれる物は?
日本語のドライバー、チャーター車両
詳細 チャーターに含まれない物は?
公園等の入場料、食事、ガイドへのチップ
詳細 チャーター料金は?(最低4時間から)
ミニバン(6名まで) 1時間: $65 / バン(14名まで) 1時間: $80

チャーターツアーにご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。
プランの作成からお手伝いいたします。
詳細

ハワイ島のスポット

ロケーション カイルア・コナ市街
ハワイ島の西側で最も大きな街がこのカイルアーコナ。
・・・とは言うものの他に大きな町がないのでそう言う事になっているが、結構こじんまりとした街。ただ観光の街なので、メインストリートのアリイ・ドライブ沿いにはさまざまなお店が並ぶ。ワイキキのような高層ビルはないのでハワイらしい中でショッピングや食事を楽しむことができる。
ハワイ島東部最大の街のヒロに比べると街としては小さいが、観光でにぎわっているこのカイルア・コナは遥かに活気がある。
カイルア・コナ市街サムネイル
クリックして拡大
ロケーション ヒロ市街
20世紀初頭からサトウキビ産業を中心に栄えたヒロの街はどことなく懐かしい雰囲気を漂わせる。
かつてハワイへの日系移民はサトウキビのプランテーションの労働力として入植しており、サトウキビ産業の中心であったヒロには日系人もいまだ多く住んでいる。 この街のあちこちで日本名のお店やビルを見かける。昔の日本の港町にタイムスリップしたような気分にもさせてくれるかも!?
ただ現在はサトウキビはハワイ島では産業として残っていない為、かつての活気は無く、ノスタルジックな雰囲気だけが残る。
ヒロ市街サムネイル
クリックして拡大
ロケーション キラウエア火山国立公園
4000メートル級のマウナ・ロア山の東側に位置するキラウエア火山は現在も活動を続けている。世界で最も活発に活動している活火山の一つとされている。 噴火活動が観測される火口は変わっているものの、現在の活動は既に20年以上も続いている。国立公園では現在では休火口となっているキラウエア・カルデラ、そしてその中にあるハレマウマウ火口などを中心に見て回ることができる。また、チェーン・オブ・クレーターズ・ロードで海岸線まで下りると溶岩台地を流れ、海に流れ込む溶岩流も活動状況によっては見ることも出来る。 ちなみにこのキラウエア火山はアメリカの国立公園であるのみならず、ユネスコの世界遺産にも指定されている。
キラウエア火山サムネイル
クリックして拡大
ロケーション プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園
かつてハワイアン達のヘイアウという神を祭る神殿を復元保護してある国立歴史公園。
1819年にカプ(戒律)がカメハメハ二世によって廃止されるまでの300年間ハワイの社会はその厳しいカプによって統治されてきた。カプを犯した者は極刑をもって処罰されたが、追っ手から逃れこの地「プウホヌア・オ・ホナウナウ」まで逃げ込むことができたら、その罪はカフナ(祈祷師)のもとで行われる礼拝により神々の加護を受け免赦された。
「プウホヌア・オ・ホナウナウ」とは日本語で「逃れの場」と言う意味であり宗教的聖地であった。日本流に言えばいわゆる「駆け込み寺」的存在であった。
ホナウナウ国立歴史公園サムネイル
クリックして拡大
ロケーション ワイピオ渓谷
ワイピオ渓谷にはかつてハワイ島を治めていたアリイたちの魂が眠っていると信じられた聖地である。
また、かのカメハメハ大王が幼少時代にこの中で匿われて育ったとも言われているこのワイピオ渓谷。
その歴史的意味もさる事ながら、この展望台から一望する渓谷の景観は一見の価値あり。300mの断崖のあちらこちらから一筋の白滝が落ちている。渓谷内には現在もタロイモを栽培している水田が見られる。
この地もハワイ島ではパワースポットのひとつ。
ワイピオ渓谷サムネイル
クリックして拡大
ロケーション アカカ滝(アカカフォールズ)
暴落120メートルを越すこの滝はハワイの名暴の一つ。
でもここは絶景の滝だけでなく、熱帯雨林内を一周するチョットしたハイキング・コースになっていて、植物園なんか行かなくても色とりどりの花をはじめ色々な植物がそのままの姿で観察できちゃう。
コースを回るとアカカ滝だけではなくカフナ滝も見ていけるが、規模は小さいので、アカカを先に見てしまうと見劣りしてしまう。コースのお薦め順路で歩いて行けばカフナを先、アカかを後に見て回れる。
アカカ滝サムネイル
クリックして拡大
ロケーション 虹の滝(レインボーフォールズ)
月の女神ヒナが住むと信じられているこの滝はヒロの郊外、車で10分程度にある。
名前の通り滝壷に上がる水しぶきに日の光があたり虹となって見られる。英語名はまさに「レインボー・フォールズ」。
午前の10~11時頃が太陽の位置の関係上見られる確立が高い。
虹の滝サムネイル
クリックして拡大
ロケーション 黒砂海岸(ブラックサンドビーチ)
以前ハワイ島で黒砂海岸と言えばカモアモアの黒砂海岸であったが、そこは90年代の溶岩流で既に全て飲み込まれてしまい、今では黒砂海岸と言えばこのプナルウのブラック・サンド・ビーチを指す。
ここは火山性(溶岩性)で砂が黒いので有名なだけでなく、海亀(グリーン・シー・タートル)が砂浜に上がってくることでも有名。ただ、砂浜に上がってくるのは産卵のためでなく、甲羅につく藻やバクテリアを日光消毒するため、いわゆる甲羅干のためである。
でも、亀がビーチに上がっていてもアメリカでは海洋生物は大切に保護しているので、絶対に触ったり、近づき過ぎたりしないでね!!
黒砂海岸サムネイル
クリックして拡大
ロケーション グリーンサンドビーチ
ハワイ島の最南端のサウスポイントから歩いて片道約1時間、距離にして約5キロの海岸線に突然と全体が緑色を帯びたす隆起地形が現れる。そのすり鉢状になった底に写真のような緑色の砂のグリーン・サンド・ビーチが存在する。
このグリーンの砂は溶岩の中の珪素などが結晶化したカンラン石の粒。比重の重いカンラン石は地底で結晶化しているが、噴火活動で地上に吹き上げられて堆積したものだ。
ハワイ島には白砂海岸、黒砂海岸などは幾つもあるが緑砂海岸はここだけ。一見の価値はある?!
グリーンサンドビーチ・サムネイル
クリックして拡大
ロケーション サウスポイント
北緯19度55分に位置するサウスポイントはアメリカ合衆国(グアムやプエルトリコの準州は除く)の最南端。フロリダのキーウェストよりも南に位置する。
この最南端の絶壁からは真っ青な太平洋の大海原が望むことができる。かつてのハワイアン達はここに自分達のカヌーを係留していた。そのロープを繋いでおいた穴が今もなお海岸沿いの溶岩石に所々に残されている。
サウスポイント・サムネイル
クリックして拡大

topics ハワイ島人気スポット@あいらんど・どりーむず

チャーターで人気のスポット

  1. キラウエア
    火山国立公園
    世界で最も活発に活動している活火山の一つであるキラウエア火山はやっぱりハワイ島の観光のハイライト!
    アメリカ国内では国立公園指定されているだけではなくユネスコの世界遺産にも指定されている。
    自然遺産でもあり、文化遺産でもあるこのキラウエア火山はハワイ人にとっても聖地とされている。火の女神「ペレ」が住むと信じられているこの山を訪れる観光客も多い。
    ハワイ島で最も力のあるパワースポットと言われています。
    チャーター(貸切り)ツアーだったらそんなキラウエア火山でメディテーションしたりレッキングしたり、自分達のペースで回って行ける。
    女神ペレ
  2. ノスタルジックな
    ヒロの街
    かつてサトウキビ産業で栄えた街「ヒロ」。現在はその名残を残したノスタルジックな街。
    ただチャーターで人気あるのは街自体というよりグルメ。
    ヒロはあのハワイのB級グルメ「ロコモコ」の発祥の地。Cafe100という店はその当時からあるお店。
    もうひとつヒロで有名なのはスイーツ。ビッグアイランドキャンディーズと言うクッキーとチョコのお店が大人気。ここでしか手に入らない限定商品が多い。ハワイ好きなら知る人ぞ知る優良人気店。
    あとヒロに行ったらスイサン・フィッシュマーケットのポケ・ボール(お魚の漬け丼)も逃せない。
    チャーター(貸切り)ツアーだったらこんなレア・スポットも回れちゃう。
    ヒロ市街
  3. 世界的に有名な
    コナコーヒー農園
    ハワイ島、特にコナと言えばやはり「コナ・コーヒー」
    世界3大グルメコーヒーのひとつと言われる一品。一度飲むと虜になってしまう人も多い。
    でもこのコナ・コーヒー、一言で言ってしまいがちだが、農園によってやはり色々と味わいが違う。豆自体へのこだわりもあるが、プロセス、そして焙煎でそれぞれの違った味わいを生み出す。農園ごとでその旨みが異なる。
    ・・・となると一軒だけではなく、農園の直売アウトレットを巡ってみたくなる。
    チャーター(貸切り)ツアーだったら何件も、好みの農園をマイペースに回っていけます。
    コナ・コーヒー農園
  4. 聖なる地
    ワイピオ渓谷
    近年日本ではパワースポット・ブーム。
    ハワイ島ではこのワイピオ渓谷もパワースポットのひとつ。ハワイの人々にとっての聖地である。
    かつてハワイ島の北側を治めていた王族(カメハメハ大王がその末裔)の代々の王達の魂が眠っていると言われる渓谷。 その王族はかつてこの渓谷に都を構えた事もあり、マナの導きによって政を行っていたハワイ人だけに、その土地のマナ(霊力)の強さを物語っている。
    そんなマナを感じてみたいと言う人が増え、通常の既成ツアーではあまり組み込まれていないこのワイピオ渓谷なので、チャーター(貸切り)ツアーでのリクエストが増えている。
    ワイピオ渓谷
  5. パワースポット
    アカカの滝
    このアカカの滝もパワースポット・ブームでランクイン。
    滝というのは水が空気中に溶け込み、傍にいるだけで水の浄化を受けられるなんて言いますが、この滝も見ているだけで気持ち良く、癒されてくるような・・・
    周りは緑いっぱいの熱帯雨林、それだけでもマイナスイオンたっぷりでリラックス効果あり。
    この滝も通常の既成ツアーではあまり組み込まれていないスポット。チャーター(貸切り)ツアーで巡って、癒されてみたら。
    アカカ滝